FC2ブログ
 

ROOM 福岡市 なごみのギター教室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エフェクターという魔法

こんにちは。講師の中嶌です。

僕は今、自身のエフェクターボードを作成しております。

ギター歴の長い方は、機材にも興味が出て来たりしますよね?
一方、初心者の方は、名前は聞いた事あるけど分からない。
という方も多いのではないでしょうか?

エフェクターとは、ギターの音色を変える魔法の箱です。

ジャラーン!と弾いた音が
エフェクターを使う事で『ギャウィーン!』とか『ジャラン、ジャラン、ジャラン』とか色々な音色に変わるのです。

文章で【音】を説明するのは難しいですが。。。笑

エフェクターには様々な種類があります。

一般的に良く知られているのが【歪み系】と呼ばれるものです。



エレキギターと言えばこの音!!
と思われる方も多いかもしれませんね。

ロックには欠かせない音色です。
これを使うと、上手になった気がしますからオススメです!

そして、次によく使われるのが【空間系】と呼ばれるものです。



洞窟の中にいる様な反響感や、やまびこ効果などを与えてくれます。
空間の広がりや、特殊性が必要な時に大活躍!!

一人で部屋で弾いていても、幻想的な世界を感じれます。

そして、【モジュレーション系】もよく耳にします。



これは『揺れ』を与えてくれるエフェクターで
深く掛けすぎると異様な雰囲気が漂います(笑)

あと、【フィルター系】も耳馴染みがあるのではないでしょうか?



個人的には、この動画の『ワウ』が大好きです!!
このワウペダルは、実はジャズ音楽をヒントに作られたエフェクターです!

と、様々な魔法の箱があるのですが
ギタリストは、これらを足下にずらっと並べているのです。

そうする事で、様々な曲の様々な場面に対応しているというわけなのです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。